スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

働き方の教科書:新氏

新2


<書籍紹介>

 シェル石油,日本コカコーラ,ジョンソン・エンド・ジョンソン等
グローバルエクセレントカンパニーを経験してきた著者が,実績ベース
で語る働く前に,知っていておきたい「働き方の教科書」.成功とは何か?
ジンザイとは何か?働く人間に必要な資質とは何か?
 さまざまな切り口で語られる経験ベースの話.これまでになかった革
命的な教科書です.なんとなく今の会社に入って,なんとなく今の生活
をおくっている,というすべての人に読んでほしい一冊.

<本文中引用されていた “感銘を受けた”言葉>

今日の自分は
昨日までの自分の結果である.
将来の自分は
今日からの自分の結果である.


私は世界を
弱い人間と強い人間とに分けたりしない.
成功者や失敗者とにわけもしない.
私は世界を
学ぶ人と学ばない人とに区別する.
―ベンジャミン・バーカー


人間とは
その人が今までの人生で
付き合ったことのある
全ての人の総和である.


心が変われば態度が変わる.
態度が変われば習慣が変わる.
習慣が変われば人格が変わる.
人格が変われば人生が変わる.
―アミール


ビジネスで失敗しない方法が1つだけある
成功するまであきらめないことだ.
―松下幸之助


人間とは所詮,
思った通りの自分になる.
―ゲーテ



<印象的だった内容>

・願望と目標は異質なもの

「がんばってやってみたいと思います.」という「鯛族」を私は信じません.
信じるのは「○○までにやります」という,「鱒族」だけです.前者は願望
人間,後者は目標人間です.

・3つの学びの素

座学,師,修羅場
座学では物事の原理原則を体系的に学ぶことができます.将棋や囲碁でいう
ところの定石のようなものです.

・師について

私は上司から何を学んだのか…
「A点からB点までの最短距離は,幾何学の世界では直線だね.だが,ビジネス
の世界は山あり谷ありだ.A点からB点への最短距離は必ずしも直線では
ない,曲線を描くように動いた方が結果的に早くB点へ到達できるという
ことが,ビジネスの世界ではよくあるのさ.
目標を達成するためには短絡的にことを急いではいけない.周りの状況を
よく観察し,必要ならば,回り道をすることを覚えなさい.」


・2つの自ジリツ

自立:自分の持っているスキルや実績に対して人が喜んでお金を払って
くれるだけの人間になること.
自律:限られた時間の中で自分磨きのために自分を律すること
つまり,
「自立できる人間は自律できる人である.」

そのためには,まずは,自分はこういう人間になりたいのだという考え方
を基軸とした「自分の人生の文法」を作ることです.文法があれば,自ら
文法違反という逸脱に歯止めがかかる.

・妥協とは最後にするもの,最初からするものではない

現状を甘受してしまったり,安易な現状是認を行い,自己満足しないこと.

・ゴールインしたときの自分を思い浮かべる

現役時代の王貞治選手は,バッターボックスに入るとき,ホームランを打っ
て3万人の大観衆の拍手と歓声に迎えられながら3塁を回ってホームに帰っ
てくる自分の姿をイメージしたそうです.

・Objective

成功の反対は,「目標のない生き方をすること」です.

・単面に対する多面

大人と子供の違いはなんでしょうか?
成熟度の高い人と,低い人との違いは,「物事を単眼でしかみられないか,
複眼で見ることができるかどうか」の差にあると考える.多面的に物事を
俯瞰し,全体像を正しくつかめる人は大人といえるでしょう.

・運をつかむことはリスクに背を向けないこと

未知の世界に飛び込むことは怖いものです,不安もあります.でもどこか
わくわくする気持ちもありませんか?1年後2年後にその決断を振り返った
時に,心のどこかで後悔するかもしれないと思うのなら,とりあえずやっ
てみることです.
英語には「Nothing ventured, nothing gained
(思い切ってやってみなければ,何も得られない)」という表現もあります.

今日の自分は
昨日までの自分の結果である.
将来の自分は
今日からの自分の結果である.


今日の自分は突然こうなったものではなく,これまでに体験し,経験し,
行ってきたことの結果として存在しています.終わってしまった過去を
取り戻すことはできません.しかし,過去からできることがたった1つ
あります.それは「学ぶ」ことです.何のために過去から学ぶのか?
過去から学びより良い自分の未来を築くためです.


以下の著作もどうぞ!!

新1
スポンサーサイト
プロフィール

おいどん

Author:おいどん
TOEIC900点を目指し奮闘していく
ためのブログ.
一生懸命記事を更新していくの
で,よろしくお願いします.

カテゴリ
最新記事
本日のご来場人数
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
12 ≪│2012/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
次回TOEIC開催までのカウントダウン
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。