スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特に秀逸な自己啓発本

1冊目--------------------------------------
「仕事ができる社員,できない社員」
吉越浩一郎


吉越_仕事できる社員

<書籍内容>
 言うまでもないかもしれませんが、著者の吉越先生は、
元トリンプ・インターナショナル・ジャパンの社長で、
同社を19期連続増収増益に導いたカリスマリーダーです。
 経営者はもちろん、管理職の方から若いビジネスマンまで必読の「仕事改革論」。
 考え方、能力、習慣、性格、価値観……
 何が仕事ができる人、できない人を分けるのか――その分岐点を挙げ、では、どうすれば仕事ができる人になれるのか――その方法を紹介します。

 この1冊で、あなたの仕事は必ず変わり始めます!

<感想>
 書いていることは他の本と大して変わらないが,以下の点で本書は非常によく仕上がっていると思う.
 ・文体,言葉のチョイスが秀逸. ・ぜひ著書の他の作品も読んでみたい.
 ・ビジネス社会での行動原理を,さまざまなアナロジーを用いながら説いてある.
 ・今回上げている中では1番にお勧めしたい本.
 ちなみに,私はすでに3回本書を読んだ(笑)



2冊目--------------------------------------
「世界で戦える自分をつくる5つの才能」
午堂登喜雄


午同_世界5


<書籍内容>
 年収300万円時代といわれたのは数年前。いま、それ以下にもなろうとしています。
 10年先どころか、1年先すらどうなるかわからない。拭い去れない漠然とした不安。
そんな時代に、心に余裕を持ち、堂々と生きるにはどうすれば良いのでしょう?
そのためには「稼ぎ力」をつけることです。本書は33歳で3億円つくった著者が、
稼ぎ続けるための「戦略」「視点」「仕組み」「スキル」「コミュニケーション」、
5つの「戦う才能」の鍛え方を教える、一生仕事に困らず豊かに暮らすための人生戦略術です。

<感想>
 さまざまな視点で,物事を鋭く説いているのは素晴らしかった.
それゆえ,説得力がとてもあり本書読破後は行動を起こす衝動に駆られること間違いなし.
 加え,各章末ごとにお勧めの著書が紹介されてあるので,こちらも要チェックしておきたい.



3冊目--------------------------------------
「入社1年目の教科書」
岩瀬大輔


岩瀬_入社1年目


<感想>
・各章末には著者の体験記が掲載されており,「なるほど,そういう考え方もあるのか」と思わず唸ること間違いないだろう.例えば,著者は仕事を選ぶときに,「どこで何がしたいか」ということより,「どのような人と一緒に働きたいか」と考えて仕事を選んだとある.
このような考えは,私の就職活動においても多大に影響を与えた.
・最後のページに載っている,お勧めの本も秀逸作品ばかりが並ぶので要確認.
 ちなみにこの中で,主のお勧めは「考える技術・書く技術」と「坂の上の雲(司馬遼太郎)」



4冊目--------------------------------------
「20代の勉強力で人生の伸び代はきまる」
千田琢也


千田_


<書籍内容> 
 多くのビジネス書ではこのテーマを、「How to本」として解説したり、著者自身の成功譚として書いたりすることで、取り扱っています。しかし、それらの本に書いてあるのは、あくまでも「著者個人がやってうまくいったこと」です。その通り実践したとしても、各個人がおかれている環境や、もっている能力・経験などの影響により、結果が大きく左右されます。
 そこで、「多数の成功者が共通項として持っているもの・やってきたことには、どういうものがあるのだろうか」という視点に立ち、「環境や経験の影響が少なく、広く通用する成功法則」を解説した新刊、『20代の勉強力で人生の伸びしろは決まる』を紹介する。

<感想>
・最近さまざまな著書を発行している千田氏
これまで氏の作品は,非常に短文かつ要点を的確に絞ってまとめてあるもというイメージ(美辞麗句な感じ)であったが,本書は1つ1つのコラムに対して氏の考えが付加されてある.その分内容は従来のものより濃いものとなっている.
・他の作品と比べ非常に読みやすく,これかの新社会人/就活性等には特におすすめ.是非.



5冊目--------------------------------------
「20代で人生の年収は9割決まる」
土井栄司


土井_


<感想>
・これから就職活動を行う方にお勧め.
・どのような企業に入ればいいのか,入社試験では何が見られているのか等に関しての答えが得られる本
・各章末には充実したブックガイドが記載されており,そういった本からまた新たな発見が得られることも間違いないだろう.
・これからのキャリア形成を考えたとき是非読んでおきたい1本である.
スポンサーサイト
プロフィール

おいどん

Author:おいどん
TOEIC900点を目指し奮闘していく
ためのブログ.
一生懸命記事を更新していくの
で,よろしくお願いします.

カテゴリ
最新記事
本日のご来場人数
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
次回TOEIC開催までのカウントダウン
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。